/

日本がフィギュア・ペアで出場枠獲得 平昌五輪

日本スケート連盟は13日、フィギュアスケートのペアで日本が平昌五輪の出場枠を獲得したと発表した。枠を得ていた北朝鮮が期限までに国際スケート連盟(ISU)に出場の意思を示さなかったため、繰り上がった。

日本は9月、五輪最終予選を兼ねたネーベルホルン杯(ドイツ)で須藤澄玲(神奈川FSC)、フランシス・ブドローオデ(カナダ)組が11位に入り、残り5の出場枠争いで6番手だった。ただ、ブドローオデはカナダ人のため、須藤組は五輪に出場できない。21日から始まる全日本選手権で上位に入った日本人ペアの中から選ばれる。

伊東秀仁フィギュア委員長によると、ISUからは韓国側が北朝鮮側に出場を要請しており、北朝鮮が出場する場合は1枠増やして実施すると連絡があったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン