2018年7月18日(水)

「ハマ弁の利用、2年で3割に」横浜市長

2017/12/13 22:00
保存
共有
印刷
その他

 横浜市の林文子市長は13日の記者会見で、公立中学校で導入している配達弁当「ハマ弁」について「2年ぐらいで(利用状況を示す)喫食率3割を目指したい」と述べた。ハマ弁は10月の喫食率が1.3%にとどまっており、市は利用拡大のため2018年4月から値下げする。最も値引きする米飯とおかず、汁物、牛乳のセットは130円安い340円になる。

ハマ弁のおかずの一例

 林市長は「新入生の申し込みも増え、今、使っていない家庭でも安心感をもってもらえるのではないか」と期待を示した。併せてハマ弁の利用方法の改善についても検討を進めているといい「(将来は)5割はいきたい」との意気込みを語った。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報