印財閥タタ、成長停滞破る大胆改革 創業150年

2017/12/13 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インド最大財閥タタ・グループが、停滞を打ち破るため大きな変革に動き出した。2月にグループ会長が7代目に代わり、創業家で筆頭株主の財団会長を務めるラタン・タタ氏と歩調を合わせて不採算事業の改善に大なたを振るう。鉄鋼や携帯通信に続き、自動車のテコ入れも視野に入れる。さらに次なる成長を求め航空・宇宙部門を育成する戦略を描き始めた。

「タタでは今、過去4年間になかった変革が起きている」。グループの筆頭株…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]