2018年12月16日(日)

デンソーと豊田通商、量子コンピューターで渋滞解消実験

2017/12/13 20:00
保存
共有
印刷
その他

デンソー豊田通商は13日、量子コンピューターを使った実証実験を始めると発表した。通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながるクルマ)」から取得した大量の情報を量子コンピューターで解析する。渋滞解消などを目的とする新サービスの創出を目指す。

今月からタイで約13万台のタクシーやトラックに取り付けられた専用車載器を活用し、実験する。ここから位置情報などのデータを取得し、カナダのDウエーブ・システムズの量子コンピューターで解析処理をしていく。

この実験で得られた技術は豊田通商のグループ企業がタイで提供している渋滞情報配信サービスに組み込んでいく。デンソーは解析処理に使うアルゴリズムの実装などを手掛ける。

量子コンピューターはスーパーコンピューターでも不可能な高速計算を実現できる「夢のマシン」とも呼ばれる。豊田通商は11月にDウエーブ・システムズと日本でのビジネス創出に向けて協業することを決めており、量子コンピューターの分野を強化している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報