/

この記事は会員限定です

日本環境設計、古着を再生するプラントを稼働

[有料会員限定]

■リサイクル事業を手掛ける日本環境設計(東京・千代田) 古着から衣服の原料を再生するプラントを年内にも稼働させる。北九州市に27億円を投資し、年間2千トンの古着を処理するプラントを建設した。アパレル企業や小売店から古着を回収し、取りだした原料を衣料品向けに販売する。年間で約30億円の売り上げを見込む。

新設プラントは11日に試運転を始めており、年内にも本格稼働する。プラントでは、古着から衣類の原料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン