/

ドリームリンク、後継者不在の酒蔵を子会社化

居酒屋「半兵ヱ」などを全国展開する外食チェーンのドリームリンク(秋田市)は13日、日本酒「千歳盛(ちとせざかり)」で知られるかづの銘酒(秋田県鹿角市)を完全子会社化したと発表した。後継者が不在だった酒蔵の経営を引き継ぎ、自社の居酒屋店舗などで販売を拡大する。ドリームリンクによるM&A(合併・買収)は初めて。

同日、かづの銘酒の全株式を取得した。取得額は非公表。従業員6人の雇用は継続し、かづの銘酒の田村清司社長は役員として残る。

後継者不在に悩んでいた田村社長が昨年、秋田商工会議所の「秋田県事業引継ぎ支援センター」に相談し、登録民間支援機関の秋田銀行がドリームリンクを紹介した。田村社長は同日、秋田市で記者会見し「地域に戦後5軒あった酒蔵が今は1軒になったが、鹿角の酒造りの火を消してはいけないと思っていた」と安心した表情で語った。

ドリームリンクは千歳盛の販路を拡大するほか、酒蔵ツアーを企画したり、自社の料理にあう酒を開発するなどして相乗効果を図る。村上雅彦社長は「秋田は清酒王国で酒蔵は財産。100年続く企業を残すためにこれからも力を尽くしたい」と話し、今後も同種案件の相談があれば前向きに検討する考えを示した。

ドリームリンクは居酒屋などを全国に106店舗展開している。年商は約50億円。かづの銘酒は1872年創業で、年間に清酒約6万5000リットルを生産し、年商は約6000万円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン