/

国内最高齢のトド死ぬ 南知多ビーチランド

愛知県美浜町の水族館「南知多ビーチランド」は13日、飼育していた国内最高齢で推定29歳の雄のトド「ケン」が死んだと発表した。14日から31日までプール横に遺影と献花台を設ける。

「南知多ビーチランド」で飼育されていた雄のトド「ケン」(2004年、同水族館提供)=共同

南知多ビーチランドによると、ケンは1989年に北海道で保護され、おたる水族館を経て90年に南知多ビーチランドに移された。食欲が徐々に落ちて今月から餌を全く食べなくなり、12日午後、展示用のプールで沈んでいるのを係員が見つけた。国内で飼育されたトドとしては4番目の長寿とみられる。

南知多ビーチランドの川本晃平所長は「長い間たくさんの方にご愛顧いただき感謝いっぱいです」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン