グーグル、中国でR&D再開 自動運転にらみAI拠点

2017/12/13 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】米グーグルが8年ぶりに中国で研究開発(R&D)を再開する。北京に人工知能(AI)を対象とした拠点を開く。中国当局はネット言論の統制を強める一方、自動運転などAIの用途開発を後押しする。緊張感を伴いながらも、巨大な中国市場に関与したいグーグル側と、高い技術力を獲得したい中国側の思惑が一致したもようだ。

グーグルのAI・機械学習チームのチーフサイエンティストを務める李飛飛(フェイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]