培養肉は世界を救うか 都心が「畜産」王国に
ポスト平成の未来学

2017/12/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2030年には東京都心が牛や豚、鶏肉の一大産地になっているかもしれない。牧草地が無くても、無菌空間のビル内で、基となる細胞と培養液から、水耕栽培の野菜のように焼き肉やステーキ用の肉ができる。そんなSF映画の世界が現実になりつつある。

17年10月、インターネット上のニコニコ動画に「君の肝臓をたべたい」と題した動画が投稿された。ギョッとした人もいるのではないだろうか。鶏の肝臓細胞を培養して試作した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]