/

この記事は会員限定です

培養肉は世界を救うか 都心が「畜産」王国に

ポスト平成の未来学

[有料会員限定]

2030年には東京都心が牛や豚、鶏肉の一大産地になっているかもしれない。牧草地が無くても、無菌空間のビル内で、基となる細胞と培養液から、水耕栽培の野菜のように焼き肉やステーキ用の肉ができる。そんなSF映画の世界が現実になりつつある。

17年10月、インターネット上のニコニコ動画に「君の肝臓をたべたい」と題した動画が投稿された。ギョッとした人もいるのではないだろうか。鶏の肝臓細胞を培養して試作した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン