2019年7月21日(日)

クルマ遠隔操作のGMS、海外販売でバイテックと提携

2017/12/13 14:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

車を遠隔操作できる装置を手がけるグローバルモビリティサービス(GMS、東京・港、中島徳至社長)は半導体商社のバイテックホールディングス(HD)と組み、東南アジアを中心とした海外での製品供給体制を構築した。GMSはクルマの位置を把握したりエンジンをかけられなくできたりする装置を開発し、金融機関や物流企業に供給している。経済成長が見込まれるアジアで需要が高まっており、バイテックと組んで取引先を広げる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。