/

この記事は会員限定です

動物で患者ケア、医療機関で導入広がる

[有料会員限定]

動物と触れ合うことで患者のストレス緩和や治療効果の向上をめざす「動物介在療法」が医療現場に広がってきた。がん患者や重い病気の子供らの治療やケアにも役立っているという。詳しいメカニズムの研究はこれからだが、欧米では身体障害や疾患などが改善されたとの研究発表もある。

「どうぞ馬をなでてください」。日本医科大千葉北総病院(千葉県印西市)は11月、初めてホースセラピー体験会を開いた。同病院や周辺の医療機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン