2019年7月20日(土)

フィッシング詐欺が急増 アップルやラインかたる

2017/12/13 9:57
保存
共有
印刷
その他

不特定多数の人に有名企業をかたるメールを送り、偽サイトに誘導して個人情報を不正入手する「フィッシング」詐欺が今年の夏以降、急増している。アップルやアマゾン、無料対話アプリのLINE(ライン)などを装ったメールが大量に出回っている。

LINEをかたる偽サイトの例=共同

偽サイトは実物の一部をコピーするなどしてつくられ、利用者には見分けがつきにくい。監視団体のフィッシング対策協議会(東京)によると、現在多発しているのはクレジットカード情報を盗もうとする手口。担当者は「ボーナスが入り年末年始休暇を控える12月は偽メールが増えやすい」として、注意を呼び掛けている。

協議会へのフィッシング報告件数は2016年4月以降、比較的少なくなっていたが今年8月から急に増え、11月は前年同月比5.6倍の1396件に上った。

偽メールの内容は、受信者のIDが第三者に不正使用されたため、再設定が必要などとするパターンが多い。大半は海外からのメールとみられ、発信元を突き止めるのは難しいという。

昨年夏ごろまではインターネットバンキングのアカウントを盗み、不正送金を行うケースが多かった。だが銀行の対策が進んだため、犯罪者の狙いはクレジットカード情報に移ったとみられている。

LINEをかたるメールは、アカウントの「乗っ取り」が目的。犯罪者はそのアカウントを詐欺に使う。元の持ち主になりすました上で、登録されている「友だち」に「コンビニでプリペイドカードを買ってきて」と依頼する手口が代表的で、カードに記載された番号を伝えると、お金を奪われる。

LINEセキュリティ室の中村智史氏は「対策をしているがいたちごっこになっている。ネット上には悪い人もいるということを認識し、サイトにつないだときは立ち止まって考えることが大切だ」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。