/

この記事は会員限定です

ウーバー脅かす爆弾文書 問われるIT企業の倫理

「知財盗用の専門部隊があった」

[有料会員限定]

米ライドシェア(相乗り)最大手、ウーバーテクノロジーズの経営を揺るがす爆弾のような文書の存在が明らかになった。他社の知的財産を盗んだり、外部の調査をかわそうとしたりする疑惑を含んでおり、急成長の影の部分を感じさせる内容だ。セクハラや個人情報流出による信頼失墜に追い打ちをかけ、さらなる混乱を招きかねない。

11月28日、サンフランシスコ連邦地裁。米グーグル系のウェイモが、自社の自動運転技術を盗んだと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1415文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン