高松に相次ぎ結婚式場、大手ノバレーゼ進出、件数減でも費用高水準

2017/12/13 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高松市内に結婚式場の開設が相次いでいる。12月に全国大手のノバレーゼ(東京・中央)が初進出するほか、10月には地元老舗のベルモニー(高松市)が旧施設を建て替えて新式場を開業した。香川県内の挙式件数は少子化や未婚率の上昇などで減っているが、挙式費用は全国平均を上回っている。立地や設備の魅力を高めた施設により婚礼需要の獲得を狙う。

ノバレーゼは16日、結婚式場「アマンダンカルム」の営業を始める。最近…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]