/

この記事は会員限定です

8ミリメートル 愛知高速交通「リニモ」の浮上間隔

(数字で知るナゴヤ)

[有料会員限定]

リニア中央新幹線の開業予定まで10年。名古屋ではすでにリニアモーターカーに乗ることができる。名古屋市名東区の藤が丘駅と、愛知県豊田市の八草駅を結ぶ愛知高速交通の東部丘陵線「リニモ」は、磁気浮上式リニアとしては現在、国内で唯一の営業線だ。

リニア新幹線とは違い、レールを抱え込む形で車体の下に取り付けた電磁石の力で浮き上がる。電磁石とレールの間隔は常に8ミリメートルを保つようにセンサーが制御する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り219文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン