/

漂流船対策、首相「万全期す」 半島から176件

安倍晋三首相は12日の自民党役員会で、朝鮮半島からと推定される木造船の漂流、漂着が相次いでいることについて「菅義偉官房長官の下で情報を集約している。政府としても万全を期していきたい」と述べた。党は岸田文雄政調会長を座長とする対策チームを新たに立ち上げた。

これに関連し、政府は12日の閣議で、朝鮮半島からと推定される漂流・漂着木造船について、2014年からの3年間で176件を確認しているとした答弁書を決めた。漂流した木造船からの生存者を5人発見しており、漂流した経緯を事情聴取したことも明らかにした。立憲民主党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に答えた。

二階俊博幹事長は、党北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の会合で「窃盗が相次ぎ心配が募っている。核、ミサイル、拉致問題にとどまらず、総合的な対策を講じる必要がある」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

緊迫 北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン