2018年1月18日(木)

所得税改革、21年以降も 労働市場変化に対応

税・予算
経済
政治
2017/12/13 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2018年度与党税制改正大綱の原案が12日、明らかになった。所得税改革では年収850万円超の会社員を増税することを盛り込んだ。多様化する働き方に対応するため、誰もが使える基礎控除を増やし会社員向けの給与所得控除を減らす。20年1月から実施する。大綱では21年以降も基礎控除の充実をはかり、労働市場の構造変化に対応する方針を明記した。与党は14日に大綱を正式決定する。

 自民、公明両党の税制調査会は1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

宮沢洋一所得税改革公明党自民党税制調査会



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報