/

この記事は会員限定です

中国のTHAAD報復、韓国経済に6700億円打撃

[有料会員限定]

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が13日、中国を訪問する。両国は10月末、米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備によって悪化した関係の改善で合意したが、中国による韓国企業への「報復」は続く。韓国銀行(中央銀行)はTHAAD問題が韓国の2017年の国内総生産(GDP)を6兆5000億ウォン(6750億円)押し下げると試算。文氏の訪中で正常化できるかが焦点だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン