2018年9月22日(土)

習氏豹変に透けるリスク 本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2017/12/13 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 いったい、どんな判断が働いているのだろう。近年、ずっとかたくなだった中国の日本に対する姿勢が、和らぎだした。中国首脳部の意図を探ると、対中外交の手がかりが透けてくる。

 11月11日、ベトナムで会談した安倍晋三首相と習近平(シー・ジンピン)国家主席は、冷えていた日中関係の修復に合意した。

 この席上、習氏の振る舞いは、以前とは様変わりだったという。両首脳の会談は6回目。これまで習氏はメモを読み上げる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報