2019年3月23日(土)

日本郵便、無人走行車で配送実験 コンビニ商品も

2017/12/12 18:36
保存
共有
印刷
その他

日本郵便は12日、無人走行車を使った配送の実証実験を実施すると発表した。郵便局から個人宅に「ゆうパック」を配送したり、個人宅を訪問して荷物を預かったりできるか検証する。今後、人件費の高騰で配送コストが一層上昇するとし、将来の実用化を見据えて準備に入る。

日本郵便が実証実験に使う無人走行車、ZMPが開発

実験は21日、福島県南相馬市で行う。ロボット技術開発ベンチャーのZMP(東京・文京)が開発した無人走行車を使う。スポーツセンターの野球場の外周で、片道200メートルのコースを設置。郵便局や個人宅などを仮想的に作り、荷物の受け渡しを試みる。

外出が難しい高齢者世帯の買い物支援にもつなげたい考え。ローソンと組み、コンビニ店舗から商品を届ける実験も実施する。

日本郵便は空飛ぶドローンでの配送実験を繰り返しており、2018年度にも実用化する方針。地上の走行車の実験は初めてで、今後も検証を続ける。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報