塩野義製薬、アクセンチュアと提携 システムの保守管理など

2017/12/12 17:31
保存
共有
印刷
その他

塩野義製薬 12日、コンサルティング大手のアクセンチュアとIT(情報技術)分野で提携契約を結んだと発表した。塩野義が会計や人事といった基幹システムの保守管理業務などをアクセンチュアに委託し、社内システムの維持費用の削減効果などを見込む。同時にコンサルティング契約も結び、IT領域の人材育成でも提携する。

同日、都内で記者会見した塩野義の沢田拓子取締役は「製薬業界は他の業界と比べてデジタル化が遅れている」と強調。その上で「今回の提携を通じてデジタル化に必要な人材を育て、グループ全体の改革につなげていきたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]