/

この記事は会員限定です

オプジーボ再値下げ、18年度に6% 新制度を適用

[有料会員限定]

厚生労働省はがん治療薬「オプジーボ」を2018年度の診療報酬改定に合わせて値下げする方針だ。新たに効果が認められた症例で必要な投薬量が増える薬について、公定価格(薬価)を見直す仕組みを新たに設けるため。今年2月に半額になったが、さらに6%程度値下げ幅を広げる。財政負担の軽減につながるが、製薬会社の創薬意欲が失われる恐れもある。

現在の薬価制度には、医薬品の用量が増えた際に、1日当たりの薬価は増えな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン