/

今年の漢字は「北」 北朝鮮問題、九州北部豪雨

2017年の世相を1字で表す「今年の漢字」が「北」に決まり、日本漢字能力検定協会が12日、京都市東山区の清水寺で発表した。

 京都・清水寺で発表された、今年の漢字「北」。後方は修復工事中の本堂「清水の舞台」=共同

協会によると、応募総数は15万3594票で、「北」は7104票。理由として、北朝鮮のミサイル発射や九州北部豪雨、プロ野球日本ハム(北海道)の大谷翔平選手の大リーグ移籍、清宮幸太郎選手の入団、競馬のキタサンブラックの活躍などが挙がった。

森清範貫主が縦約1.5メートル、横約1.3メートルの越前和紙に特大の筆で揮毫。今年は修復工事中の本堂「清水の舞台」を背景に、奥の院で行われた。

応募数2位は「政」(3571票)、3位は「不」(3323票)で、それぞれ「衆院選」「森友・加計学園問題の不透明さやデータ改ざんなど企業不正」が理由。4~10位は「核」「新」「選」「乱」「変」「倫」「暴」が続いた。

森貫主は「北は2人が背を向けている形の字。これからは平和に向かってみんなが努力していくことが大事」と話した。

「今年の漢字」は1995年開始で23回目。昨年は五輪金メダルラッシュや舛添要一前東京都知事の政治とカネ問題などから「金」が選ばれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン