/

この記事は会員限定です

日経平均2万3000円手前で足踏み 突破は銀行株が鍵に

証券部 福井環

[有料会員限定]

12日の東京株式市場で、日経平均株価は4日ぶりに反落した。終値は前日比72円安の2万2866円。心理的な節目となる2万3000円目前で売りに押された。今晩から開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見姿勢が強く、東証1部の売買代金は2兆5106億円と低水準だった。買いを入れにくい中で短期的な利益確定売りがかさんだ格好だ。

日経平均が2万3000円手前で足踏みする一方で、東証株価指数(T...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン