ソフトバンク、米衛星通信VBに追加出資 米報道

2017/12/12 7:32
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=清水石珠実】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは11日、ソフトバンクグループが米衛星通信ベンチャー、ワンウェブに追加で約5億ドル(約560億円)を出資する計画があると報じた。ソフトバンクは2016年12月、ワンウェブに対してすでに10億ドルの出資を実施しており、合意すれば出資額の合計は約15億ドルになる。

ただ、関係者の談話によると、今回の出資額はまだ変更になる可能性があるという。新たに出資を実施したとしても、ソフトバンクの株式保有比率は5割以下にとどまる見通し。

ワンウェブは元グーグル幹部が立ち上げたベンチャー。超小型衛星を使って世界中のどこでもインターネットに接続できる通信網の構築を目指している。ソフトバンク以外にも欧州エアバスや米コカ・コーラなどが投資している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]