/

後発薬にラベル 管理しやすく 日医工、16品目を発売

日医工は高血圧治療に使う「オルメサルタンOD錠」や高脂血症に使う「ロスバスタチン錠」などジェネリック医薬品16製品を発売した。使用期限や製造番号が書かれたラベルを付けるなどしており、薬品棚やふたに貼って管理しやすくした。多種多様な薬品を扱う全国の医療機関や薬局に使い勝手の良さをアピールして販売につなげる。

大量の薬を扱う薬局などは、患者に渡す薬を間違えないためにも整理や管理が重要だ。自らラベルを作ったり、医薬品の箱を切り取ってラベルにしたりしているケースが多く、日医工は管理の手間を省けるジェネリック医薬品を増やしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン