2018年1月19日(金)

コンピューター総研、肉用牛の転倒事故抑制システム

北関東・信越
2017/12/11 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ソフトウエア開発のコンピューター総合研究所(水戸市)は、家畜牛の行動監視システムを2019年6月期から本格的に販売する。小規模な畜産農家向けに年間100システムの導入を目標とし、1億円規模の売り上げを見込む。肉用牛の転倒事故死を未然に防ぎ、農家の損失を抑えるとともに業務の負担軽減にもつなげる。

 同社は全国畜産農業協同組合連合会(東京・中央)、NTT東日本と組み、栃木県那須塩原市で実証実験している…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

コンピューター総合研究所NTT東日本



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報