2019年1月23日(水)

「あずさ色」189系の最終列車 JR東がツアー

2017/12/12 21:30
保存
共有
印刷
その他

JR東日本八王子支社は、中央線の特急「あずさ」などで活躍した189系電車M50編成が2018年1月に引退するのに伴い、ラストランの臨時列車に乗車するツアー商品を販売する。はがきの申し込みによる抽選で、17日まで予約を受け付ける。

2018年1月25日に引退する189系M50編成

商品は1月20日出発の「富士急行線ラストラン」と1月25日出発の「中央線ラストラン」の2種類。いずれも団体臨時列車の普通車指定席を利用する。20日は豊田駅(東京都日野市)―大月駅(山梨県大月市)―河口湖駅(山梨県富士河口湖町)を往復運転。25日は豊田駅―長野駅(長野市)を片道運転する。

募集人員は各300人。料金は富士急行線が8000円(子ども5500円)、中央線が8900円(同6000円)。それぞれ乗車券のほか、記念弁当などが付く。

白の車体に水色の帯をまとうM50編成(6両)は1975年から2002年まで「あずさ」の車両として親しまれ、その後は臨時列車として使われていた。M50の廃車により、189系は同じ豊田車両センターに所属するM51とM52、長野総合車両センター所属のN102の計3編成を残すのみとなる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報