/

この記事は会員限定です

米でのAI学会で脚光 トヨタもほれた「日本のグーグル」

(グローバルViews)

シリコンバレー支局 中西豊紀

[有料会員限定]

人工知能(AI)といえばグーグルなど米西海岸のネット大手が注目されがちだが、日本でも気を吐く企業がある。4日からロサンゼルスで開催された世界最高峰のAI国際学会「NIPS」。米企業の展示が目立つなか、ブースを構えた唯一の日本企業がベンチャー企業のプリファード・ネットワークスだ。トヨタ自動車ファナックもほれたその実力とは。

「茶色いふわふわしたものを取ってください」。男性がそう呼びかけるとサンダルやティッシュペーパーの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン