/

この記事は会員限定です

横浜市の特別自治市構想、「県から独立」見通せず

[有料会員限定]

政令指定都市を超える権限と財源を備えた「特別自治市」を目指す横浜市の構想が宙に浮いている。市は行政サービスの向上を掲げ、「神奈川県からの完全独立」を標榜するが、県との議論は平行線。具体的な将来像は描けていない。

JR東神奈川駅の近くの区民センターで11月25日、横浜市の林文子市長は約2時間にわたって熱弁を振るった。テーマは「大都市制度」。政令市の権限を大幅に引き上げる仕組みだ。「県と市の二重行政を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン