/

この記事は会員限定です

民泊営業制限、道内自治体4割で 道条例に基づき

[有料会員限定]

北海道内での民泊を巡り、道は2018年6月から道内市町村の約4割にあたる68自治体で、道条例に基づき民泊の営業制限を設ける方針なのがわかった。小中学校の周辺や住居専用地域の営業を制限する。すでに民泊施設がある道内市町村のほとんどが対象になる見通しで、地域とのトラブルを未然に防ぎ、住民や宿泊者が安全にすごせるようにする。

道が条例制定に向け10月までに有識者会議でまとめた案では、子どもや地域の生活へ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン