/

トルコ7~9月 11.1%成長

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコ統計局は11日、7~9月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期に比べ11.1%増えたと発表した。2016年7~9月期はクーデター未遂事件の影響でマイナス成長を記録しており、その反動が表れた。政府が大幅拡充した信用保証基金による融資の拡大や自動車など輸出の伸びも寄与した。

政府は9月に17~20年成長率目標を5.5%に引き上げた。改定前の目標は17年が4.4%、18年が5%だった。17年前半は2四半期連続で5%台の成長を記録しており、通年の目標値を上回るのは確実視されている。一方、18年は通貨安に伴う物価上昇や融資の伸び鈍化などが響き減速する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン