/

この記事は会員限定です

IMSと福井大、薬の副作用 検査情報で検出

[有料会員限定]

米医療情報会社の日本法人アイ・エム・エス・ジャパン(IMSジャパン)と福井大学は薬の副作用の兆候を患者の検査データから見つけるシステムを開発した。薬の履歴と血糖値や肝機能などの情報を比較して、病院側のチェック体制の強化につなげる。IMSジャパンが電子カルテなどのサービスとして2~3年以内に実用化する考え。

処方した薬の記録などから重い副作用につながる可能性がある兆候を見つけ出す。今後は事前に副作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン