2019年1月24日(木)

三重県に伊食科学大学の分校誘致へ アクアイグニスなど

2017/12/12 1:31
保存
共有
印刷
その他

温泉リゾート運営のアクアイグニス(東京・中央)は複合商業施設を建設する三重県多気町に、食科学を専門とするイタリアの大学、食科学大学(ピエモンテ州)の分校の誘致を目指すことを明らかにした。人材交流や食に関する分野の共同研究・開発も進め、三重県の地元食材の魅力をアピールする。

アクアイグニスやスローフードインターナショナル、三重大、多気町は「日本サテライト多気校」の設置へ協力することで合意した(10日、津市の三重大学)

食科学大学はイタリアに本拠を置くNPO法人「スローフードインターナショナル」などが2004年に設立した食科学を専門とする大学。世界各国から学生が集まり、食に関する幅広い研究を実施している。

今回誘致を目指すのは「日本サテライト多気校」で、アクアイグニスの立花哲也社長は「5年先の誘致実現を目指したい」と説明する。実現すれば初のイタリア以外の同校の拠点となる。

誘致に関連し、スローフードインターナショナルや多気町、三重大学と土地に根ざした食材を尊重する「スローフード」の取り組みを推進することでも合意した。連携して多気町の食材のプロモーションに取り組むほか、食科学大の学生を受け入れ、日本の食文化を教える研修を計画している。三重県立相可高校や三重大と、食科学大の交換留学や共同研究なども検討する。

アクアイグニスは多気町に食や健康などをテーマにした国内最大級の複合施設「アクアイグニス多気」を2020年に開業する計画で、18年2月に着工する予定だ。東京ドーム25個分の約115万平方メートルの敷地に宿泊、温浴、アウトドア施設のほか、レストランなどを設けており、スローフードなどを前面に出し観光客を呼び込む。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報