2018年1月19日(金)

ソーラー大量発電時代へ 九州電力、綱渡りの制御現場
科学記者の目 編集委員 滝順一

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2017/12/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 九州地方では太陽光発電が急速に普及、その一方で原子力発電所が運転を再開している。このため電力の供給が需要を上回り安定した送電網の運用が困難になることが予想される。九州電力は需給バランスが危ういと見込まれた場合に太陽光発電事業者に送電を止めてもらう「出力抑制」の準備を進める。再生可能エネルギーの大量導入時代の入り口で対応を迫られる電力の現場をのぞいた。

■昼間の電気を大型蓄電池や揚水発電所に

 「ゴォ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

再エネ受け入れを中断した2014年の「九州電力ショック」



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報