/

この記事は会員限定です

ソーラー大量発電時代へ 九州電力、綱渡りの制御現場

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

九州地方では太陽光発電が急速に普及、その一方で原子力発電所が運転を再開している。このため電力の供給が需要を上回り安定した送電網の運用が困難になることが予想される。九州電力は需給バランスが危ういと見込まれた場合に太陽光発電事業者に送電を止めてもらう「出力抑制」の準備を進める。再生可能エネルギーの大量導入時代の入り口で対応を迫られる電力の現場をのぞいた。

昼間の電気を大型蓄電池や揚水発電所に

「ゴォン」。重く低く響く音とともに装置が動き始めた。九...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン