「半導体の能力不足」 トヨタが考える自動運転の課題

(1/2ページ)
2017/12/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は、ドイツETAS主催のセミナー(2017年9月)で自動運転技術の現状や課題について講演した。技術的な課題として特に大きいのが、半導体(プロセッサー)の処理能力が足りないことだという。

■用途に応じて最適な半導体を選択

「自動運転に必要なプロセッサーの処理能力は120TOPS(毎秒120兆回の演算)。現状のパソコン用プロセッサーの2300倍以上だ」──。トヨタ常務役員未来創生センター統…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]