/

この記事は会員限定です

教育投資の優先順位を考える(1) 教育は社会の投資活動

赤林英夫 慶応義塾大学教授

[有料会員限定]

教育政策や教育予算のあり方についての議論が活発になっています。日本は先進諸国の中では国内総生産(GDP)に占める公的教育支出の比率が極端に低い国の一つといわれます。人材の質の高さが日本にとって最重要の資源であれば、国として教育にもっと投資すべきでしょうか。

教育に投資すべきだという主張に反論できる人は多くないでしょう。しかし、国際的な学力テストで見ると、日本はほぼ一貫して最上位に位置する一方、経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン