2018年7月19日(木)

イシグロ氏にノーベル文学賞授与 「小説の窓広げた」

2017/12/11 4:17
保存
共有
印刷
その他

 【ストックホルム=共同】今年のノーベル賞の授賞式がスウェーデンの首都ストックホルムで10日夕(日本時間11日未明)開かれ、長崎出身の英国人作家カズオ・イシグロ氏(63)に文学賞が授与された。続いて記念の晩さん会が開かれた。

 市庁舎の「青の広間」で開かれた晩さん会には、えんび服やロングドレスで盛装した王族や招待客ら約1300人が一堂に会して、華やかな雰囲気に包まれた。

 授賞式で、イシグロ氏はカール16世グスタフ国王からメダルと賞状を受け取った。選考主体のスウェーデン・アカデミーのダニウス事務局長は、イシグロ氏が本を書くたびに新たな分野を開拓したとして「小説の窓は常に開かれてきた。イシグロ氏はそれをさらに広げた」と高く評価した。

 授賞式会場には妻ローナさんや長女ナオミさんも含む1500人以上が出席。物理学賞の重力波望遠鏡「LIGO」のチームを率いた米国の3氏や、医学生理学賞、化学賞、経済学賞の受賞者にも、それぞれメダルが授与された。各賞の賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)。

 イシグロ氏の代表作は英ブッカー賞受賞作の「日の名残り」や、「わたしを離さないで」など。

 文学賞は日本出身の作家としては1968年の川端康成、94年の大江健三郎氏に次ぎ3人目で、23年ぶり。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報