2018年10月21日(日)

イチロー フィールド

フォローする

イチローの言葉でたどる17年シーズン(後編)
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2017/12/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

思わぬケガで始まったイチローの2017年シーズン。序盤は打撃が低迷。6月上旬までは打率が2割を下回っていた。ところが、6月の米ピッツバーグ遠征で、イチローいわく「見つける」と、打撃成績が上昇に転じた。前編に続き、17年シーズンのイチローの言葉をたどる。

野球界が憂うべきポイント

「僕なんかはよく使っているテクニックだけれど、速い球をショートの後ろに詰まらせて落とすという技術は、確実に存在する。でも、チームによっては2アウト三塁で1点が入るよりも、その球を真芯で捉えてセンターライナーという方が、評価が高い。ばかげている。ありえないよ、そんなこと。野球が頭を使わない競技になりつつあるのは、野球界としてはちょっと憂うべきポイント。野球ってばかじゃできないスポーツだから。でも、ばかみたいにみえるときがあるもんね。本当に」

大リーグでは3年前から、「STATCAST」というシステムが導入され、投手なら投げたボールの回転数、縦横の動きなどが数値化されるようになった。打者では打球の初速、打ち出し角度などがわかる。

チームづくりにおいて、そうしたデータを重視するところも増え、従来の選手評価に変化が見られるわけだが、イチローはそうした傾向に異を唱えた。決して打球速度が速ければ、ヒットになるわけではない。

「そこは野球のむずかしいところ、複雑なところだから。そんなの頭使わないやつにもできる。見え方がね。実際にはスイングスピード、今、打球のスピードが出るところもあるけれど、あんなこと、なんの役にも立たないことがわかるわけだよね。やってる選手にとっては」

一部のゼネラルマネジャーらは、フィールドではなくパソコンの画面で選手を判断する。そこに技術は投影されにくい。イチローは少し寂しげだった。

「しょうがない。そういう時代だよね。病気になったら、それを治す薬がその後しか出てこない。そういう時期なんだね」

7月26日、イチロー対ダルビッシュが実現。およそ3年ぶりの対戦に、イチローは特別な気持ちを抱いて臨んでいた。

「やっぱり、ダルがくるとなると、心構えというか、気持ちは全然違う。トップ中のトップ。シャーザーとか、今だったら、誰ですか? ストラスバーグとかカーショー? そういうピッチャーとやるときの気持ちというか、気構えとしてはそう。ただ、プレーすればいいという感覚にはならない。それなりの覚悟というか、そういうのが必要なピッチャーだと思います」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
ゲッティ共同

 「なんか改めて決意表明するのもおかしな感じだけれど、これが来年の春に僕が240パウンド(約109キログラム)になっていたら終わりですよ、それは。その可能性は低いと思うので、そうでなければ、終わりでは …続き (10/15)

試合前、ダッグアウトでチームメートに声をかけるイチロー(手前右)=APAP

 今年2月、ある動画が話題になった。
 朝の登校風景だろうか。教室に入るとき、入り口で待つ教師がまるでハイファイブ(ハイタッチ)をするかのごとく、生徒一人ひとりをダンスしながら迎える。それぞれパターンが …続き (6/25)

今季はチームに帯同し、練習を一緒にする=APAP

 5月3日(日本時間4日)、記者会見を終えたマリナーズのイチローは着替えると、そのまま練習をするためフィールドへ向かった。
 相手エンゼルスの大谷翔平が先発した6日は外での全体練習がなかった。だがイチロ …続き (5/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]