/

この記事は会員限定です

播州織、泉州タオル… 「繊維の関西」復活へ攻勢 新ブラント立ち上げ

[有料会員限定]

兵庫県西脇市の生地「播州織」や、大阪府泉佐野市の「泉州タオル」といった関西の有力繊維産地が、新ブランドを立ち上げて攻勢の機会をうかがっている。主に中国製品にシェアを奪われ衰退の一途だったが、中国の環境規制や人件費高で競争環境が整いつつある。

播州織産地の縫製工場、ソーイング竹内(兵庫県多可町)は2018年春、ハンカチの自社ブランド「ROOTZIEL(ルーツィール)」を立ち上げる。有名アニメキャラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン