2018年11月14日(水)

ベトナム元交通運輸相に逮捕状 国営企業の巨額損失で

2017/12/8 21:57
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=富山篤】ベトナム政府は8日、元交通運輸相、元ホーチミン市書記のディン・ラ・タン氏(57)に逮捕状を出したと発表した。同氏が最大の国営企業ペトロベトナムグループの会長を務めたとき、8000億ドン(40億円)の巨額損失を出した疑い。

タン氏は剛腕政治家として知られたグエン・タン・ズン前首相の右腕といわれ、ベトナム共産党の最高幹部である政治局員も務めていた。5月にホーチミン市書記から更迭され、政治局員の地位も失った。国会がタン氏の代議員としての地位を剥奪することを決め、逮捕される可能性が高まっていた。

タン氏は親日家として有名で、日本の政治家や官僚とのパイプも太かった。逮捕によってタン氏は表舞台から完全に姿を消すことになり、今後の日本のインフラ受注などに影響が出る可能性もある。

逮捕の容疑はPVG時代の巨額損失とされているが、北部の党幹部からタン氏は不評を買っていたとも言われる。書記時代に「ホーチミン市は(中央政府からの)自主独立を欲している」という発言もしていた。最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長は集団指導体制を強めており、ズン前首相の息がかかったタン氏を疎ましく思っていたとの観測もある。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報