/

新潟・燕市、市内製洋食器を貸し出し 椿山荘に

燕市は市内製の洋食器をホテル椿山荘東京(東京・文京)に貸し出す。首都圏の宿泊施設や飲食店を訪れる客にスプーンやフォークを使ってもらい、技術力をPRする事業の一環。同市の担当者は「国内外に発信力がある椿山荘と協力して、需要開拓を進めたい」と話す。

燕市がホテル椿山荘東京に貸し出す洋食器

燕市が貸し出すのは山崎金属工業や燕物産など4社の製品で期間は2018年2月1日~3月23日まで。テーブルマナー講座で提供されるパスタや魚料理などで使う洋食器を客に選んでもらう。

客に燕の技術力を伝えられるようにホテルの従業員向けの講座も開く。山崎金属工業の技術者が講師になり、洋食器の歴史や素材の違いなどについて話す。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン