/

JR九州、日韓航路に新型高速船 20年導入目指し協議

JR九州は8日、日韓航路の新しい大型高速船の建造に向け、豪造船会社オースタルと協議を開始すると発表した。現在のジェットフォイル船「ビートル」の倍以上の座席数を設け、デザインは同社の観光列車を手がけてきた水戸岡鋭治氏に依頼する。2020年の導入を目指す。

新高速船は従来より倍以上の座席を設ける計画も(写真はイメージ)

JR九州は博多と韓国・釜山を結ぶ高速船を3隻運航している。いずれもジェットフォイルで席数は191。新しい高速船は80メートル級の三胴船(トリマラン)で、500席前後にする意向だ。予算は数十億円とみられる。

博多―釜山の運航時間は3時間40分を目指す。現行より30分程度遅くなるが、船の外に出て景色を楽しめたり、売店や免税店の充実させたりして船内を楽しめるようにする。今後、設計などの詳細を詰める。

日韓の交流人口は増えているが、格安航空会社(LCC)が普及するなかで単に時間との競争では分が悪い。JR九州高速船(福岡市)は航路自体は成長し需要はあるとみており「観光列車のように乗ること自体を楽しめるようにしたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン