/

この記事は会員限定です

漱石山房記念館、文豪晩年の世界に迫る

[有料会員限定]

夏目漱石の生誕150周年に当たる今年、東京都新宿区は漱石山房記念館を開館した。漱石をテーマにした本格的な記念館は全国初。漱石山房とは明治の文豪が晩年を過ごし、「三四郎」や「こころ」を執筆した家だ。その跡地に記念館を建て、書斎などを忠実に再現した。実際に暮らし、執筆した場所で文豪を身近に感じることができる。

漱石は1867年、現在の新宿区に生まれた。49歳で生涯を閉じたのも同区だ。9年間を過ごした漱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン