2019年3月20日(水)

3Dプリンター、1万円台も 特許切れで価格低下

(1/2ページ)
2017/12/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3D(3次元)プリンターの普及が進んできた。産業用途のイメージが強いが、個人で使用できる製品も多い。3年ほど前に10万~30万円だった個人向けの中心価格帯は、現在では5万円前後まで下落。税別で2万円を切るモデルも登場した。背景にあるのが3Dプリンターに関する特許の有効期限切れ。開発コストが下がり、低価格製品の投入が相次いでいる。

3Dプリンターは産業用と、個人向けなどの民生用に大きく分けられる。…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報