走り出したロボEV 破天荒さでトヨタに勝つ

2017/12/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電気自動車(EV)ベンチャー、フォー・リンク・システムズ(東京・中央)がロボット型の車両を販売する。羽根をのばし、どこかで見た外観。アニメ「機動戦士ガンダム」のメカニックデザイナーとして知られる大河原邦男氏がデザインした。車体の中央が折りたたみ変形し、ロボットの操縦席のようになる。公道を走れる認定を国土交通省から近く受ける見通し。冗談抜きの「痛車(いたしゃ)」はなぜ生まれたのか。

■開発5年をかけ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]