/

この記事は会員限定です

カドカワ系通信制高校、2年目で生徒4500人

「村に住んで教育」 地域振興にもひと役

[有料会員限定]

メディア・出版大手のカドカワが昨年開設した通信制高校、学校法人角川ドワンゴ学園・N高等学校(本校・沖縄県うるま市)が、開校2年目にして在校生徒数4490人(11月現在)にまで拡大した。情報通信技術(ICT)の普及により、日本中どこにいても時間をやりくりして学習して高校を卒業できる環境が整いつつある。職業体験などを通じて関係のできた地方自治体と地域を活性化する事業にもひと役買っている。全国でおよそ18万人が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2498文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン