/

この記事は会員限定です

クロマグロ、一段高はひとまず回避 新規制で合意

[有料会員限定]

中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次総会で、太平洋クロマグロの新たな漁獲ルールが決まった。新しい規制の適用は早くても2019年からで、18年の漁獲枠は据え置きが決まった。既に11月、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)が18年の東大西洋・地中海のクロマグロについて、日本の18年の漁獲枠を2279トンと17年に比べて18%増やすことを決めた。

この枠は20年には2801トンまで拡大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン