/

イチローに学べ スイッチの入れ方

米大リーグのマーリンズからフリーエージェント(FA)となったイチロー外野手(44)は例年オフ、古巣オリックスの本拠地だった神戸で自主トレーニングを行ってきました。自主トレなどで顔を合わせ、世界のトップでやってきたイチロー選手のオーラを肌で感じられる若手選手は幸せです。彼から受け取る言葉も金言となるでしょうが、いざ練習になると目つきが鋭くなり、集中力がグッと高まるスイッチの入れ方も、ぜひ学びとってほしいと思います。

イチロー選手はオンとオフ、さらにグラウンドの中でもうまく切り替えて集中力を高められる=共同

オリックスの新人選手は今まで、合同自主トレの際にイチロー選手から声をかけられる貴重な体験ができました。そのようなとき、新人たちの背筋はピシッと伸び、目はキラキラと輝いています。2軍監督である私に向けられる視線と、イチロー選手に向ける視線とでは「キラキラ感」の度合いが全く異なるのです。彼のプレーを生で見たことのない世代にも「イチロー」という名前の存在感は圧倒的。彼がグラウンドに立っているだけで、その影響力の大きさを感じずにはいられません。

オンとオフ、切り替え上手

彼の近くにいれば、超一流選手のまとっている雰囲気や発するオーラはおのずと感じることができるでしょう。それ以上に若手に見てほしいのが、彼のスイッチの入れ方です。オンとオフの切り替えがすごく上手で、グラウンドの中でもうまく切り替えて集中力を高められるのが彼のすごいところ。練習中でも談笑しているときはふわっとしていて物腰が柔らかいのですが、ひとたび打撃ケージに入ったり、ティー打撃を始めたりすると目力が強くなり、モードが一気に変わるのです。

自分の体のことがよくわかっていて「これとこれさえやっておけば大丈夫」という確固たるものを持っているからこそ、やるべきことが自分の頭の中で計算できて、高い集中力へとつながるのでしょう。

移籍先が決まっていない今の時期、彼はきっとピークを大リーグ開幕に持っていくのか、アピールするために春のキャンプに合わせていくのかを考えながら、日々のトレーニングに打ち込んでいるはずです。そうした状況下でも、常に体が戦闘態勢に入っているのが彼の特徴で「試合をやれ」といわれたら、スイッチをポンと入れて、今にでも打てるでしょう。1年365日、いつでも野球をできるのが真のプロだと私は考えているのですが、それを実践できるのがイチロー選手の特筆すべきところなのです。

春季キャンプでアピールをしなければならない若手にこそ、イチロー選手のこうした姿勢を学んでほしいのです。2月1日にキャンプインして「さあ、今からだ」といっていたら遅いのです。「いつでもどうぞ」とすぐに実戦に臨める体を仕上げておかないと、首脳陣の目には留まりません。超一流と呼ばれる選手ほど、完全には体を休めず、練習を継続するものです。「いくぞ」といわれたときに「はい」と応じられる体を仕上げる自信がないのであれば、今以上に動くか、もっと工夫するか、海外でゲームをやるといったように、感覚を少しでも鈍らせないようにしないといけません。

代打のみの出番が続くのは打者として非常につらい状況だ=共同

プロ野球選手にとっても鏡であるイチロー選手には、まだまだ大リーグでやれる体力が十分あると思います。私は現役引退後も、オフに1度は彼の自主トレを見にいくのですが、肩も元気ですし、冬場から相当なダッシュをこなしていて、衰えを感じさせません。彼をレギュラー格として取ってくれる球団があればと願っています。

フィールドで輝き続けて

今季のマーリンズはレギュラー陣が若くてしっかりしていたため、イチロー選手のスタメン機会は限られました。私もフィリーズでの現役時代に経験があるのですが、代打のみの出番が続くのは、打者として非常につらい状況です。打撃の状態がどこかおかしくて、その日のうちに実戦で修正したいと考えても、もう1打席が与えられません。練習で調整したとしても、次に打席に立つのは、24時間が経過して実戦感覚が薄れたころ。前日の課題を抱えたまま打席に入り、投手と勝負しなければなりません。調子を上げるのが本当に難しいサイクルで、イチロー選手がシーズン代打安打の大リーグ記録にあと1本まで迫ったのはすごいこと。彼の適応能力の高さを改めて示しました。

仮に来季、彼のメインの役割が代打になるとしても、週に1~2回の先発機会を確保されながらプレーすれば、もっと好成績を収めるはずです。試合勘や打席勘が保てるよう、首脳陣がうまく配慮して起用してくれる球団にいけば、まだまだメジャーで十分に打棒を発揮できるでしょう。元同僚の立場から、イチロー選手にはいつまでも現役選手としてフィールドで輝き続けてほしい。そう願いながら、今オフの動向に注目しています。

(オリックス・バファローズ2軍監督)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン