2017年12月12日(火)

「儀式準備に1年必要」 皇室会議の議事概要公表
宮内庁

天皇退位
政治
社会
2017/12/8 10:16
保存
共有
印刷
その他

 宮内庁は8日午前、天皇陛下の退位日を意見集約した1日の皇室会議の議事概要をホームページで公表した。

皇室会議に臨む出席者。奥中央は議長の安倍首相(1日午前、宮内庁特別会議室)=代表撮影

皇室会議に臨む出席者。奥中央は議長の安倍首相(1日午前、宮内庁特別会議室)=代表撮影

 議事概要によると、議員から(1)陛下に2019年1月7日の在位30年の節目を迎えてほしい(2)国民生活への影響を考慮する(3)静かな環境の中で国民がことほぐにふさわしい日とする――などの意見表明があった。

 これらを踏まえ、議長の安倍晋三首相は陛下の退位と皇太子さまの即位に関する儀式の準備には最低でも1年の期間が必要などとして、陛下の退位日を19年4月30日とする「意見案」を提示。これを皇室会議の意見として決定したとしている。

 議事概要は議員の具体的な発言や名前は明記していない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報